月別アーカイブ: 2016年2月

友引き

友引きについて

友引きは誰もが知っている友を引いてしまうのでお葬式が出来ない日です。

その為、火葬場も葬儀社もお休みなのです。

これは結構な頻度でお客様に言われることなのですが、現状では多くの人がそう思ってらっしゃると思います。葬儀社が友引きに休みというのは半々くらいの方が思っていそうです。もっとも葬儀社のお休みに興味がある人が居ません(笑)

ウィキペディアによると

「凶事に友を引く」の意味。かつては「勝負なき日と知るべし」といわれ、勝負事で何事も引き分けになる日、つまり「共引」とされており、現在のような意味はなかった。陰陽道で、ある日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとする「友引日」というものがあり、これが六曜の友引と混同されたものと考えられている。

※抜粋終わり

 

そもそも仏教と関係がなかったりします。しかしながら、ご葬儀を行う時の2、3日でここまで知れ渡っている迷信にケンカを売って本当の意味を説明するのは難しいと思います。

ですから葬儀形態や僧侶と相談して行えばいいと思います。実際には友引きにより葬儀の日を早めたり伸ばしたりしなければならないのはお客様には不利益ではあります。会館に長く居ればコストもあがってきます。私達も実は友引きはないほうが助かります。

今後、友引きや迷信は薄れていくと思いますがご参考までに…。

ご葬儀のネットショッピング

最近ではネットで葬儀を検索することが多くなったと思いますが、ネット専門のお葬式屋さんも存在します。

簡単に言えば葬儀の情報を公開していてその商品でお客様に登録してもらい

ご近所の葬儀社がその規格の葬儀を請け負うものです。安穏会館でもお受けしたことがありますが

今はやっておりません。安穏会館が考える葬儀のあり方とネット上でのやり取り、そしてお客様のイメージがかけ離れて過ぎていてよい葬儀を行うのが難しいと判断いたしました。説明に時間がかかりますしお客様の環境をネット上では考慮していないように思います。

ネット上でもよい情報は沢山ありますが事前相談が一番肌で感じることが出来ると思いますので

色々なアンテナを張ってみてくださいね。安穏会館もお客様の知りたい情報を上手に伝えていけるように努力いたします。

ネットにも他社さんにも負けないようにがんばります。

 

 

 

 

今年はうるう年

2月になりましたね。カレンダーを見てみますと29日があるではないですか。2016年はうるう年ですね。この年はお墓などを建てることを控える方がいらっしゃいます。これはかつての太陽暦を採用していた旧暦ではうるう年は1年が13ケ月になり、年俸制だったお侍さんたちにお墓を建てるのは控えて節約しましょうとおふれが出ていたのが始まりだったそうです。
いつの間にかうるう年にお墓を建てることはよろしくないとなっています。仏壇も便乗されていることがあります。
うるう年に納骨が出来ないことになってしまいますので
あまり気にしなくてよいと思います。