月別アーカイブ: 2017年1月

棺を蓋いて事定まる

寒いですね~日本全国寒い日が続いています。松岡修三さんが国内から出て海外に行ってる間は寒いのだとか(笑)

山口県宇部市は雪が積もりません。子供たちが残念そうにしております。

先日、その子供たちが大変お世話になっているご近所のおじい様のご葬儀を安穏会館が

担当させていただきました。普段から子供を見守る活動に熱心な方で私にもよく声をかけてくださいました。

私の子供もそうですが、近所の子供たちの反応に驚きました。友引でありましたので、ご自宅に1日ほどご安置させてもらいましたが、ご自宅へ学校帰りの小学生達が自主的に線香をあげさせてくださいと集まってお参りしていました。

これはご本人の教育のたまものなんだな~愛されているな~と驚きました。

やはり「棺を蓋いて事定まる」ですね。人は死んでから評価される。お棺の蓋を閉じるまではその人の人生はわからない。

私もみならわなくては!!爪の垢をいただいておけばよかったかな・・・?がんばります。

 

どのようなご葬儀でもその人の大切な時間になるように

家族葬・一般葬

宇部市のご葬儀は安穏会館

冬らしくなりました。

大寒波がやってまいりましたね。この時期といえばやはり鍋、温泉が最高です。

受験生は追い込みの時期ですね。大変でしょうががんばってくださいませ。

温泉といえば宇部市の安穏会館から日帰り圏内で考えた場合…大谷山荘、プーチン大統領も浸かったであろう湯。それから一ノ俣温泉や川棚のおたふくもいいな~。あとは~楊貴館もいいな~。

雪が降ってる中で露天風呂に浸かりたいです。その静かな景観の中ぬくぬくぽかぽかと

お正月(仕事ですので)の疲れを癒したいです。

明日から山口県は雪が降るようですがどうでしょうか?子供たちは積もれと積もれと呪文を唱えています。仕事の日は積もってほしくないけど1年に1度くらいは雪景色を見たいですよね。

雪の時は皆様、交通事情には注意してくださいね。

 

 

どのようなご葬儀もその人の大切な時間になるように

家族葬・一般葬 宇部市のご葬儀の事なら安穏会館

新春2017

平成29年新春を迎えました。早いもので平成が三十路歳間近になっているわけですね。

お天気も良く、初日の出は見ることができるところが多かったのではないでしょうか?暖かいお正月で初詣もよさそうですね~。

仕事がら年末年始はもちろん関係ございませんから、しっかり仕事をさせてもらっています。

あまりの気ぜわしさと時の早さに1年を感じている暇がないように思います。

お正月ってもっとゆっくりだった記憶があるのですが歳末セールに初売りとその間の時間は短く、実は通常営業とあまり変わらない昨今を感じております。

お葬式という時間と時を選べない仕事であり、葬祭式場である以上安穏会館は休むことはできないのですが、世間はもう少しやすんでゆっくりしてほしいと感じております。

子供のころに感じた、あの暇で退屈な時間が実は正月という雰囲気を作っていたのだと改めて感じております。もう二度とないでしょうけど三が日くらいはもっとゆっくりでいいと思います。

皆様はどうぞ一年の始まりにしっかりと英気を養ってほしいと思います。

あ、私は皆様が仕事始まりのころに代休いただきますので(笑