投稿者「admin-an-non」のアーカイブ

終息?

学校給食もはじまり徐々にアフターコロナへ社会は動き始めています。宇部市ではwithコロナとして段階的に解除していくとのアナウンスが出ています。

葬儀においては火葬場の限定的な利用※は続いています。

(※1枠に2家まで、参加者10人以内、マスク着用。)

安穏会館でもお客様の要望と背景に鑑みて「お客様と相談したうえ」でご案内させていただいております。皆様の努力が無駄にならないように健全な地域社会の実現に向けて今一度帯を締めて施行にあたる所存でございます。どうぞよろしくお願い致しまします。

お葬式は不要不急ではない。

おはようございます。自粛は中々つらいものですが、その効果があってか東京の感染者数が減ってきていますね。しかし油断は禁物ですね。我が家でも毎日マスク、手洗い、うがい、今まで経験したことないほどの厳戒態勢を家族で強いています。

さてお葬式は意外と普通に県外の親族が集まります。コロナ禍の中でも不要不急ではないので、こればかりはしかたない事として県外への移動(帰省)をするしかありません。しかし志村けんさんや岡江久美子さんのような葬儀が出来ないケースを見ると感染防止こそ私たちが今考えるべきことだと思いました。

親族は「感染が怖いけど行かなければならない」家族は「気が引けるけどお知らせしないわけにいかない」そんな不安があるのかもしれないとここ最近のお葬式で感じていました。

密にならないように感染防止をしながらお葬式の効能を果たすものはいったい何かと考えました。

お葬式を少人数で行いその様子を記録して、関係者が見ることが出来るなら共通のツールとして新しいつながりと共通のコミュニケーションとなれる。それはお葬式の大きな目的である「故人を偲ぶこと」そして「家族を癒すこと」が出来るのではないか…。そうして「悠プラン」が出来ました。「悠」は未来を意味します。先行きが暗かった未来に希望を込めて名前を命名いたしました。

すでにお葬式の動画配信サービス「悠プラン」をさせて頂いておりますが、その動画を見ると家族の繋がりが見えたりして涙が出てしまいます。やっぱりお客様が私たちとっての一番の学びであります。不謹慎かもしれませんが皆様にサンプル動画ではなく実際のお客様の動画を見ていただきたいほどすばらしいのです。しかしながら宣材ではありませんのでご法度でございます。止む得ません。皆様もお葬式の際にはソーシャルディスタンス、マスク、手洗い、うがい忘れないでくださいません。葬儀の環境はクラスター化しやすいです。よろしくお願い申し上げます。

早く健全な社会に戻りますようにお祈りいたしまして…。

最近の葬儀

こんにちは。皆様毎日お疲れ様でございます。

新型コロナウィルスが地方都市山口県にも日に日に悪い影響を与えています。毎日がどんどん変わっていく感覚が本当に恐ろしいです。

そんな中ではありますが不要不急ではない葬儀を中止や延期することは不可能です。

それでも葬儀の目的を忘れないこと。ここに立ち返って考えています。

まず安穏会館は地域社会の一員としての立ち位置で感染拡大防止に努めること

その中でお葬式を出来るだけ残された人、遺族の満足いく形で行うことです。

優先順位はお客様を含めた私たち地域の人の健康であり暮らしであります

残されたものが感染して生命の危機にさらされては葬儀の意味がありません。そんな観点を忘れずにお客様にもご協力と制限をお願いしているところです。

マスクの着用。手指の消毒。体調管理。長距離の移動での参加をしない。会館内での会食は禁止。

これまでは家族や親族がお葬式に参加できないという事例はあまりありませんでしたが

現在は東京の息子様、関東のお孫様など不参加の方が既にいらっしゃいます。

ありがたいことに今はインターネット、スマホなどのITが誰の手にもたやすく扱うことが出来る環境にあります。家族、親族に葬儀への不参加をお願いした場合にお互いしこりが残る可能性がございます。安穏会館ではその問題を解決する為に

「WEBでお葬式の様子を伝えるサービス」を開始いたしました。

実際に行っていただいたお客様から学べたこと

それは「残された家族の絆を葬儀は再確認する場所である」です。このコロナ禍が過ぎ去った後に

「また一緒に」という希望ある未来を願うメッセージをどの家族も伝えておられました。

また「来てもいいですよ」という形の家族葬ではなく

「来てはダメですよ」と行う本当の家族葬となっていることで家族の時間は接客に追われることがなくお葬式にゆっくり向き合えるとの感想もいただけました。

手探りで始めたWEB葬儀 「悠プラン」ですが皆様といっしょに考えていきたいと存じます。

アフターコロナを希望ある未来を願って「悠」と名付けました。

新型コロナウィルスとご葬儀について

大変なご時世になりましたね。山口県宇部市で運営している葬祭式場安穏会館では地方なのでさほど影響は今のところないのですけど、家族葬でも一般葬でもお客様の価値観で左右されています。

先が見えない今の状況と関東圏の状況に鑑みると、今後影響は多分に出てくるような気もしますし思考を停止せずに私たちが出来ることを今考えておかなければなりません。

少し前に会葬者300人の葬儀〇〇家さんがございましたがまだ新型コロナウィルスの対応で各所キャンセルといったような背景がないころでした。

今、あの葬儀を受けた場合には

時間をずらして受付、焼香のみを受ける。親族も近しい人のみ儀式に参加する。

もしくは近親者のみで会葬を断る。様々な背景に照らして考えていかなければなりません。

今後もこれだと決めつけではなくお客様と一緒に考えていき

私たちが持てる知恵を振り絞って葬儀を施行していこうと思います。

 

お葬式をもっとロジカルに。葬儀の文化を守り、亡き人の時を追い、家族の心を想うそんな葬儀社でありたいと思います。

 

 

2020年スタート

あけましておめでとうございます。令和二年を迎えました本年も安穏会館をよろしくお願い申し上げます。本年度のお正月は天気もよく初詣はジャンパーがいらないくらいでしたね。神仏共にお参りさせていただきました。安穏会館東斎場近くだと東岐波の古尾八幡宮様が近く中央斎場だと南方八幡宮様、西祭場だと松江八幡宮様でしょうか?この時期には神社にお参りする人が多いと思いますがなんとも言えない神々しい空気は神社仏閣ならではですよね。個人的には除夜の鐘はなくしてほしくないです。さてさて世界情勢がよろしくない年はじめですが、皆様のご多幸多き実りのある一年でありますことをご祈念いたします。

事前相談や葬儀の不安なご質問お気軽にどうぞ。安穏会館はお葬式を行うことが仕事ではなくご親族やご家族が困らないようにするということが使命です。お葬式をもっとロジカルに。葬儀の文化を守り、亡き人の時を追い、家族の心を想うそんな葬儀社でありたいと思います。

 

後悔のない送り人は居ない

こんにちはもう12月ですね。この頃の師走って師匠は走っているんでしょうか?あまりにも早すぎて何が何がなんだかわかりません。

さて、お葬式でよく遺族が吐露される言葉です。「こんなことならもっと〇〇してあげればよかった」後悔してらっしゃるんですね。ベストであったか?を自責されていて・・・。でも送られる人ってそんなことないよ!むしろあんなこともこんなこともしてもらった。そう考えてるそうです。未来は誰にも分らないけれど、今を感じることが出来るのは祖先のおかげで今から子孫へ残すのは私たち今を生きる人ですよね。

後悔のない送り人はいないのはその人が大切であるからです。でも時は黙っていても過ぎていくので必ず別れがあります。せめて別れの時には感謝を表現して送る。これがお葬式の原点です。

時代は変わっていきます。ですからこれからのお葬式を考える安穏会館でありたいと思います。

文化を伝承しながら新しい文化を創る。

「悲しみの海の向こうから 喜びが満ちて来るように」さだまさしさんの命の理由の歌詞です。

お葬式はまさにこうでなければなりません。

 

 

やっぱり家族葬?

こんにちは皆様。中々寒くならない今日この頃ですね~。

私たち葬儀社もトレンドとしてる家族葬についてですがやっぱり色々曖昧です。

各葬儀社の定義も違いますしお客様もどうやら様々なイメージをもたれてらっしゃいます。

お電話の質問がありますが「香典の有無」「会葬者の限定」「場所」などいろいろな質問がございます。ハッキリ言いますがそんな定義はどこにもないのです。

安穏会館では家族を中心とした小規模な葬儀と位置づけていますが

お葬式が家族を中心としないことなんてありませんからどこか変ですよね。

実際、少子高齢化、長寿化していれば葬儀も小規模になる背景として成立するような気がしています。また価値観が昔と同じではありません。墓じまいなんて言葉自体が長く存在せず、今は当たり前に聞くようになりました。

そんな中で、お客様が失敗しない為にすることは葬儀の定義や枠組みで考えるのでなく

どのようにしたいかをシンプルに羅列してみてください。

安く~普通に~花で~質素に~関わった人へ~などなどそうすることで失敗や後悔のないお葬式に

近づくはずです。あとは親戚のご理解や御賛同があり、社会の一員として問題のないやり方であればよいと思います。

と言いながら安穏会館でも家族葬プランなど広告では表現しているので難しいところです。

これは家族葬というキーワードが消費者の検索するワードだからです。

私たちの最大の使命は喪家が困らないようにすることだと思っています。

 

ーーーーーーーーどのようなご葬儀もその人の大切な時間になるようにーーーーーーーーー

宇部市のお葬式は安穏会館

増税!!

本日より10月です。何といっても消費税が10%に変わるという関心が大きいですよね。

皆様は駆け込みお買い物されましたでしょうか?私は宇部市東岐波の東斎場安穏会館の近場で暮らしていますので強い味方のコスモスさんは据え置き価格などしていただけていますし、特にそれによる買い物はほとんどしませんでした。ほしい物をこのチャンスにかっっちゃいなよ?の心の声をぐっと我慢しました。

さて安穏会館では軽減税率の部分がほとんどありませんが、一部の会葬御礼品などの食品系のものは8%適用になります。精進料理や精進落としのお料理は10%一律です。原則持ち帰りについては遠慮してもらっていますのでテイクアウト食品の軽減税率は適用されずに10%になります。

またキャッシュレスにはまだまだ対応できていませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

お返しの方法

9月新学期になりましたね。小中学生の親をやってみて初めて気づく給食のありがたみです。

今年は夏が短かったように感じています。暑い日もありましたがすごく短い期間で記憶では数日くらいしかなかったように思います。さんまも今のところ高いし…。

さて、お葬式を行った後、満中陰志など香典のお返しをすると思うのですが、たまにお見掛けするのが現金を返すというお返し。決まりはないので絶対とは言えないのですがお勧めは致しません。というか、見かけたら私は喪主様に苦言して大反対します。お包みした香典(お金)をお金で返されるのはかなりインパクトのあるものです。出来れば相手を想っての商品が一番よいです。家族が多い家だな、老夫婦二人の家だな、一人暮らしだな、相手に合わせた物を送る方が間違いありません。どうしてもというならせめて商品券にしてください。現金封筒で返すのは先方からすると変に色々考えてしまう案件となる可能性があります。

たまーに聞いたりお見掛けいたしますので綴りました。

お葬式の目的をハッキリ

こんにちは梅雨があがると今年は涼しいなと思っていた矢先に急に夏がこれでもか!って顔していますね。熱中症などお気を付けくださいませ。

もうじきお盆です。お盆って盆・正月って括り付けされますけどお正月に比べて

妖しい雰囲気がありますよね。少年のころから感じていました。霊的なものへの恐れからだと思います。そんな、お盆には精霊馬をかざって祖先をお迎えするんですけど、最近の精霊馬は凝ったものが多くインターネット上で見ることが出来ますが、馬で迅速に迎えに行き、帰りはお土産をもって牛で帰っていただく心は受け継ぎ現代風アレンジをしてあります。馬が車に牛がサイドカーになってたりして確かにその方が自然かも?なんて納得してしまいました。むしろ馬に乗る方がむずかしい現代です。

さてさてそんな背景もあってか、お葬式も変わりつつあります。

安穏会館では事前相談をしておりますが、その内容が「普通はどうですか?」から

「こうしたいのだけれど」「これが不安なのですけど」と具体的なお話をされることが多くなりました。ですが相談で困るのはどうしたいかをハッキリ決めきれないことです。

予算を抑えたいのか、人数を少数化したいのか?その理由は?などなどヒアリングさせてもらったときにインターネットで見た表面だけの言葉に遠回りさせられているお客様を見かけま取す。インターネットは情報を最短で取得できる優れたツールです。

しかしながら、自社サイトへの誘導するのためのモデルケースが多く、あまり参考にならないものも多く感じます。そのネット上にあるキーワードから拾うのは少し危険です。

「樹木葬」なんかが筆頭ですがお客様からそのキーワードが出るのですが

何故樹木葬に興味があるんですか?と尋ねると

TVでみた、インターネットで見た。くらいしかお答えがありません。実は私も樹木葬のメリットはあまり理解していません。

目的が大切です。お墓を持ちたくないという目的なら納骨堂か散骨の方が適しています。

樹木葬は木の下へ焼骨を埋めるという極めて墓地、お墓に近い方法の納骨です。墓標が木という変化ですね。焼骨を埋葬できるということは、それ相応の土地になります。墓地、寺院などの土地です。それはお墓ではないかな?と個人的に思う所です。

木と一緒になって見守りたいなど故人の遺志があればよいと思いますが…。

お葬式を考える時に一つの指標、目安になるのは、納骨の方法や今後の祀り方です。

法事をしたくない→無宗派でいい 法事はしたい→門徒になる

無宗派でお墓もいらない→共同墓地か散骨か お墓参りはしたいけど無宗派→お墓購入

慣習(親戚)に合わせたい→一般的な昔ながらの方法

色々ありますがまずは表面化してみてあとは親戚などとの距離や社会性もありますので

その譲歩点をさがしていくといいのではないでしょうか?

貴方の目的に最短で最速でご案内できるとようにと安穏会館は考えます。

 

お暑いですががんばってまいりましょう~。

 

お葬式は過去から今、そして未来へ、人と人をつなぐ大切な時間

家族葬・一般葬 宇部市のお葬式は安穏会館へ