お知らせ」カテゴリーアーカイブ

終息?

学校給食もはじまり徐々にアフターコロナへ社会は動き始めています。宇部市ではwithコロナとして段階的に解除していくとのアナウンスが出ています。

葬儀においては火葬場の限定的な利用※は続いています。

(※1枠に2家まで、参加者10人以内、マスク着用。)

安穏会館でもお客様の要望と背景に鑑みて「お客様と相談したうえ」でご案内させていただいております。皆様の努力が無駄にならないように健全な地域社会の実現に向けて今一度帯を締めて施行にあたる所存でございます。どうぞよろしくお願い致しまします。

お葬式は不要不急ではない。

おはようございます。自粛は中々つらいものですが、その効果があってか東京の感染者数が減ってきていますね。しかし油断は禁物ですね。我が家でも毎日マスク、手洗い、うがい、今まで経験したことないほどの厳戒態勢を家族で強いています。

さてお葬式は意外と普通に県外の親族が集まります。コロナ禍の中でも不要不急ではないので、こればかりはしかたない事として県外への移動(帰省)をするしかありません。しかし志村けんさんや岡江久美子さんのような葬儀が出来ないケースを見ると感染防止こそ私たちが今考えるべきことだと思いました。

親族は「感染が怖いけど行かなければならない」家族は「気が引けるけどお知らせしないわけにいかない」そんな不安があるのかもしれないとここ最近のお葬式で感じていました。

密にならないように感染防止をしながらお葬式の効能を果たすものはいったい何かと考えました。

お葬式を少人数で行いその様子を記録して、関係者が見ることが出来るなら共通のツールとして新しいつながりと共通のコミュニケーションとなれる。それはお葬式の大きな目的である「故人を偲ぶこと」そして「家族を癒すこと」が出来るのではないか…。そうして「悠プラン」が出来ました。「悠」は未来を意味します。先行きが暗かった未来に希望を込めて名前を命名いたしました。

すでにお葬式の動画配信サービス「悠プラン」をさせて頂いておりますが、その動画を見ると家族の繋がりが見えたりして涙が出てしまいます。やっぱりお客様が私たちとっての一番の学びであります。不謹慎かもしれませんが皆様にサンプル動画ではなく実際のお客様の動画を見ていただきたいほどすばらしいのです。しかしながら宣材ではありませんのでご法度でございます。止む得ません。皆様もお葬式の際にはソーシャルディスタンス、マスク、手洗い、うがい忘れないでくださいません。葬儀の環境はクラスター化しやすいです。よろしくお願い申し上げます。

早く健全な社会に戻りますようにお祈りいたしまして…。

平成も終わります。

平成も終わります。新元号はどんなものになるのでしょうか?

消費税も10%になり示談はどんどん変化を求められます。

お葬式も同じで変化は沢山これまでもございました。

ですが変わっていけないのはその価値です。大切な人を送る価値。

そんな想いを胸に新時代を迎えようと思います。

遺族の為に出来ることを探してみらいのありがとうを探して

 

家族葬も安穏会館 未来のありがとうを探して

宇部市の葬儀は安穏会館

 

 

人手不足問題からの質問と気づき

おはようございます。暖かでポカポカした春はまだでしょうか?お布団から出たくない日々が続く今日この頃であります。

ご親族の男性にご出棺時にはお棺を担いでいただく事が「普通」だったのですが

少子高齢化の波がここにも押し寄せてきていているようで、お客様からお問合せで

「あれは女性がやったらだめですか?」とご質問がございました。家族葬で葬儀を行いたいのだけれど、親族に男手がいないということでした。もちろん安穏会館では男性スタッフがお手伝いさせていただきますのでお気になさらずにとお答えさせていただきましたが、女性がしてはいけない理由があるのか?と。

ないと思いますが力仕事といった側面と美しくないからでしょうとお答えいたしましたが正しいかどうかは実のところわかりません。

家の新築時の棟上げには相撲の土俵には女性はあがってはいけないルールがございますが棺を担いではいけないは聞いたことがなかったので・・・。

あとは簡単に言えば居ないならしかたないんじゃないかなって思います。

昔から変なこだわりがお客様を苦しめてきた業界です。

「こうしなければならない。」少しだけ離れて見て皆様の幸せを考えたときに

つまらないこだわりなんじゃないかなって気付きがあるのです。

 

 

迎春

新春あけましておめでとうございます。どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

お葬式屋さんにはお正月休みなんて高尚なものはもちろん提供してもらえません。

はい平成30年ありがたく業務にあたらせてもらいます。

私はこの仕事に従事して22年です。若いころは営業もしておりましたので

お顔を見れば地域とお名前くらいはさっとでてきます。さすがに20年もたつと私もお客様も年を重ねたなぁ~と思う今日この頃であります。

最近は「あんたも長いねえ~」とお声かけしていただくことがありますが覚えてくださってるのは嬉しいものですね。今年も頑張ってまいります。

 

どのようなご葬儀であってもその人の大切な時間になるように

家族葬・一般葬

宇部市のお葬式は安穏会館

本当に増えています。

来館される方とお電話でお問い合わせをいただくことが多くなってきました。

事前相談が常識になりつつあります。損をしないためにご葬儀は事前相談をしてくださいね。

想像や雰囲気で考えていたり、聞いただけの話で確証のないプランを想定していたりすることがあります。TVやマスコミの情報もかなり雑に乱発しているので注意が必要です。

家族葬は〇〇でしょ?〇〇しなくちゃいけない。だとかそもそも決まりのないものにルールがあると思い込んでいる人がたまにいらっしゃいます。そのまま進んでしまうと遺族間でトラブルになったり、生前に余計な手間をかけていたりして消耗してしまいます。

地域性もありますし、親族の足並みもございます。安穏会館ではヒアリングした後にアドバイスをさせていただいております。是非お気軽にお電話、または来館による事前相談をしてみてください。

 

どのようなご葬儀でもその人の大切な時間になるように

一般葬・家族葬 宇部市のご葬儀は安穏会館

 

 

梅雨明けかな?

九州地方の豪雨による被害は目を覆わんとする状況ですが一刻も早く普段の生活に戻れることをお祈りいたします。宇部市では豪雨というほど雨は降らずこのまま梅雨明けしちゃうのかな?水足りてます??そして夏本番になると激しいスコールが降るのでしょうか?最近の気候の変化には油断できませんよね。私が幼少のころは竜巻なんてありえなかったです。

さて、そろそろお盆の商戦に入るころですが皆様は盆提灯をお飾りしますか?この辺りではあまり提灯の文化が見られないのですが、持っておられる方は押し入れから引っ張り出して迎え火としてお飾りいたしましょう。是非。

安穏会館でも盆提灯を取り扱っています。予備知識入れとこうとカタログみてますと最近のはLEDになっていてコードレスです。これはうれしい!盆提灯は姿が洗練されているだけに、そこから延びるコードが美しくないんですよね。必要であれば迅速に手配いたします。

 

 

 

どのようなご葬儀でもその人の大切な時間になるように

家族葬・一般葬  宇部市のご葬儀は安穏会館

 

 

 

桜が散りゆく

おはようございます!安穏会館です。出勤していますと桜の花びらがひらひらと舞っていて暖かさも増して一番よい季節なんじゃないかな?なんて感じずにいられません。どこかに出かけたい気分です。

しかし学生も社会人も各々新生活をスタートしたばかりで中々大変なシーズンでもあるかと思います。未来に向けて楽しくチャレンジしてほしいな~と子供たちを見て思います。

さて暖かくなってきますと安穏会館では雑草との戦いが始まります。特に宇部市西岐波下請川の中央斎場が山の中に建っていますので隣接の草がすごいのです。本日から戦いがスタートしました。

そして梅雨が来て夏が来て季節は本当に人生を彩ってくれるのでどれも大好きです。

でも雑草は生えてこないでほしいなあと思う今日であります。

 

どの斎場でも皆さまが気持ちよく使っていただけるように保守に努めます。

どのようなご葬儀であってもその人の大切な時間になるように

一般葬・家族葬  宇部市のご葬儀は安穏会館

お墓の事情

最近では納骨堂のご紹介をさせてもらったり、墓じまいのご紹介をしたりすることが多くお墓の建立はぐっと減ってきていると感じます。

墓誌の彫刻やお墓をご紹介させてもらっている安穏会館西斎場に近く店舗を構えてらっしゃいます「かなめ」さん(宇部市妻崎開作897-1)の墓じまいの現場を見ることができました。

重機は入らない立地の多い墓地事情では世の中がデジタル化された昨今でも、人力に頼るしかない現場でした。この先お墓事情はもっともっと変化してくると思います。

石には性格、性質があって職人さんの経験によって上手に細かく砕いておられましたがこのような職人さんの技術は今後のロボット技術の発展が進んでいくのは必然で引き継がれることもなくいつか消えていくのかな?と寂しい気持ちになりました。今ある時代を味わうということは幸せなことなんだな~と気づかされます。もちろん便利になることにも幸せを感じております。

墓じまいした後は納骨堂に納めたり、無縁仏になるから海へ散骨してほしいとの依頼も増えてきております。

安穏会館では散骨も自社で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

散骨

先日海洋散骨を施行担当いたしました。海洋散骨はお墓の守ができない方や海が好きだった方の利用が多いです。今後増えてくるのではないかな?と予想しております。

宇部マリーナさんから出航してある程度沖まで行き(あまり沖に行くと波が高いのでそこまで遠くへはいけません。)スタッフで代行して散骨をさせていただきます。

御遺骨は原型をとどめていては散骨できませんので粉末化しています。また海には環境汚染になるようなものを撒くことはできませんので、御遺骨を納める袋は水溶性のものです。献花も花束であってもばらして花のみを献花します。

今後も安穏会館では海洋散骨は施行してまいりますが、春、秋の定期便、指定便と分けて行うかもしれません。現在は受注数が少ないので指定便はありません。

お墓の事情は転換期を迎えているのか墓じまいのお仕事が多く納骨堂の利用率も高いようです。

宇部市の人口は減ってきていますし少子高齢化も進んできたのでしょうね。

今後ますます問題化されてくるでしょうが、お墓の守をビシっとされているお家を見ると姿勢を正さずにいられません。

 

どのようなご葬儀であってもその人の大切な時間になるように

家族葬・一般葬 宇部市のご葬儀は安穏会館