お葬式は不要不急ではない。

おはようございます。自粛は中々つらいものですが、その効果があってか東京の感染者数が減ってきていますね。しかし油断は禁物ですね。我が家でも毎日マスク、手洗い、うがい、今まで経験したことないほどの厳戒態勢を家族で強いています。

さてお葬式は意外と普通に県外の親族が集まります。コロナ禍の中でも不要不急ではないので、こればかりはしかたない事として県外への移動(帰省)をするしかありません。しかし志村けんさんや岡江久美子さんのような葬儀が出来ないケースを見ると感染防止こそ私たちが今考えるべきことだと思いました。

親族は「感染が怖いけど行かなければならない」家族は「気が引けるけどお知らせしないわけにいかない」そんな不安があるのかもしれないとここ最近のお葬式で感じていました。

密にならないように感染防止をしながらお葬式の効能を果たすものはいったい何かと考えました。

お葬式を少人数で行いその様子を記録して、関係者が見ることが出来るなら共通のツールとして新しいつながりと共通のコミュニケーションとなれる。それはお葬式の大きな目的である「故人を偲ぶこと」そして「家族を癒すこと」が出来るのではないか…。そうして「悠プラン」が出来ました。「悠」は未来を意味します。先行きが暗かった未来に希望を込めて名前を命名いたしました。

すでにお葬式の動画配信サービス「悠プラン」をさせて頂いておりますが、その動画を見ると家族の繋がりが見えたりして涙が出てしまいます。やっぱりお客様が私たちとっての一番の学びであります。不謹慎かもしれませんが皆様にサンプル動画ではなく実際のお客様の動画を見ていただきたいほどすばらしいのです。しかしながら宣材ではありませんのでご法度でございます。止む得ません。皆様もお葬式の際にはソーシャルディスタンス、マスク、手洗い、うがい忘れないでくださいません。葬儀の環境はクラスター化しやすいです。よろしくお願い申し上げます。

早く健全な社会に戻りますようにお祈りいたしまして…。