事前相談の中身

11月も後半になりましたがまったく寒くなりませんね。急に冷え込むと
体調を壊しやすいので気をつけなければいけませんね。
さて、安穏会館では事前相談を推奨しておりますが、相談にいらっしゃった方にお尋ねいたしますと安穏会館に来られた理由の多くは友人から聞いたといういわゆる口コミが多く、広告を見ましたという人は少ないです。
大変ありがたいことで、葬儀を体験された人のオススメは何よりも強いことを感じております。本当にありがとうございます。

この事前相談の中で心配されている事柄のひとつは金額です。
料理(おとき、精進あげなど)の金額をお話した際に料理をしなくてもいいですか?という質問をいただくことがあります。
「しなくてもいいですよ。」こう言うのは簡単です。実は葬儀社にとって仕出しの料理はほとんど実入りがないからです。しかし来られるご親族は料理があるものとして香典をお包みしていたり、火葬場から帰ってから行う初七日法要のときに御供としてお金を出すことが多く、その環境下で料理を省くのであればそれなりの配慮をしたほうがよいでしょうとお答えさせてもらっています。
私達スタッフは 皆様の貴重な時間を頂戴して行う事前相談を有意義なものにしなければなりません。
本当の意味での安さは表面的な金額だけではなく葬儀を行う遺族にメリットがあるかだと思います。事前相談は広告やホームページのような一方的に情報を発信する媒体とは違いその場でアドバイスが出来るのも強みです。 実は事前相談は葬儀社のレベルを図る指標になってきています。
近くの葬儀社でいいなんて思わないで色々な終活をしていただきたいなと思います。